www.howtoprayforamerica.org

.

.


予期せず、いきなり遭遇するのが事故です。ここでどんな風に判断する結果によって、車の保険料の支払額もかなり大きく違ってくる場面も想像されますので正しい考え方と対処が大切です。考えもしないハプニングに出会って混乱してしまえば必要不可欠な対応を見逃してしまい、あなたがかなりの損を受ける場面もありえるので自動車事故に遭遇してしまった状況では冷静に以下の対応するとよいかもしれません。自動車事故を起こしてしまった時に一番初めにする必要があるのは負傷者の有無を確認する必要があります。交通事故後すぐは頭の中が真白になってショック状態になってしまう場合がありすぐには行動できないのが当たり前です。その場面では、怪我をした方がいた場合には安全な場所に運んでできる限りの処置して周囲に助けを求める等して怪我人の優先に努める必要があります。119番に連絡する時には明確な現場を伝え分からない場面では目立つスーパーや町名を知らせ事故現場の場所が判断できるようにします。2番目に110番に連絡し交通事故を起こしてしまった事そして状況を話します。救急車と警察を待っている間に相手側の情報をチェックします。氏名、車のナンバー相手の保険会社名などなど互いの内容をやり取りします。この時に相手側に違反がある場合、その場でやりくりしようとすることが考えられますがその場で結論を出すのではなく、どんな状態であっても警察や車の保険会社通報して平等に確認してもらう事が欠かせません。お互いの連絡先を教えたら他の人の妨げにならないように邪魔な物を道から取り除きます。万が一障害になる物が自動車の妨げとなっている場合には各々の情報交換をする以前にその対応を行うことは構いません。この後にあなたがお金を払っている車の保険会社に電話を入れ、自動車事故が起きた事を告げます。車での事故から特定時間内のうちに自動車保険の会社に連絡しておかないと自動車の保険の適用除外となるケースも想定されるので可能な限り遅れることなく電話を入れることが重要です。事故の証拠として、カメラやタブレットなどを用いて事故現場や愛車の破損の様子の写真を撮影しておきます。この証拠写真は過失の割合決める際に大きなデータとなりますので、自らの車や相手のクルマの破損をしっかりと証拠に残しておきましょう。その場面で近くに人がいたならば警察の人や保険会社の人が駆けつけるまで現場にそのままいて頂くようにお願いするのも必要です。